ファーディナンド氏、ケインにステップアップを進言「のんびりしている時間はない」

ファーディナンド氏、ケインにステップアップを進言「のんびりしている時間はない」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏が、トッテナムの同代表FWハリー・ケインに移籍を促した。スペイン『マルカ』が伝えている。

2010年にトッテナムのトップチーム昇格を果たしたケインは、ノリッジ・シティやレスター・シティなど複数クラブへのレンタル移籍を経験して、2014年1月に復帰。その後、徐々に頭角を現すと、スパーズ通算259試合168ゴール29アシストの成績を収め、いまや押しも押されもせぬ絶対的エースに君臨している。

しかし、世界最高のストライカーであるケインは数々の個人タイトルを手にしている反面、チームタイトルを勝ち取ることができていない。代表の先輩でもあるファーディナンド氏はこの状況を鑑みて、イギリス『BT sport』でステップアップを検討すべきだと自身の見解を示した。

「個人的に見ると、ハリー・ケインは“僕はオフ”だとして、靴を脱いでいるように思う。自分に正直にならなければならない」

「いつケガをしたり、体調を崩したりするかわからない。のんびりしている時間はない。タイトルが欲しいならね」


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索