名古屋決断…風間八宏監督を解任、後任にマッシモ・フィッカデンティ氏

名古屋決断…風間八宏監督を解任、後任にマッシモ・フィッカデンティ氏

名古屋グランパスは23日、風間八宏監督(57)の退任を発表した。風間監督とは本日付けで契約解除。後任はイタリア人指導者のマッシモ・フィッカデンティ氏(51)に決まり、本日のトレーニングからチームの指揮を執るという。

風間監督は、2017年から当時J2だった名古屋の監督に就任。1年でJ1復帰に導いたが、元ブラジル代表FWジョーら大型補強で戦力アップに成功した昇格初年度は、15位に終わった。今年も夏の補強を含めて複数の実力者を獲得したが、5月中旬から10試合連続勝ちなしが続くなど安定感を欠いた戦いを露呈。4戦連続未勝利中の現在もここまで参入プレーオフ圏16位のサガン鳥栖と勝ち点4差の11位につけ、予断を許さない状況だ。

後任となるマッシモ・フィッカデンティ氏は、守備戦術に定評のある指揮官で、かつてFC東京や鳥栖の監督を歴任。DF丸山祐市やDF太田宏介にとってFC東京監督時代の恩師であり、DF吉田豊にとっても鳥栖監督時代に指導を受けた指揮官との再会となる。J1ワースト5位の40失点を記録する名古屋は残り8試合のタイミングで攻撃サッカーを標ぼうする風間監督から180度の方向転換を決断した格好だ。就任を受け、こうコメントしている。

「このたび名古屋グランパスの監督としてチームを指揮する機会をいただいたことは大変光栄なことです。関係者の皆さまに感謝を申し上げます。攻守一体の攻撃サッカーで、したたかに勝利を追い求め試合の中で起こりうるあらゆる状況に対応できる、そして最後まで戦い抜くスピリットを持ち合わせたチームを作ります。グランパスサポーターの皆様と多くの勝利を共に喜びあえることを願っています」

また、シーズン終盤の監督交代決行を受け、名古屋の代表取締役社長を務める小西工己氏は、次のようにコメント。風間監督に対する感謝を綴り、新体制での巻き返しを誓った。

「風間監督には、クラブ史上初めてのJ2降格を受け、クラブが生まれ変わるべくスタートを切った2017シーズンに監督に就任していただきました」

「『攻守一体の攻撃サッカー』を掲げ、『技術』で相手を圧倒できるチームを創り上げるべく、熱心に指導にあたっていただき、私自身もチームの進化と新しい名古屋の風を肌で感じてきました。風間監督には、2年半に渡り、これからクラブが目指すべきスタイルの礎を築いていただき大変感謝しています。

「名古屋グランパスは、これからも日々進化を続け、ファミリーの皆さまと喜びあえる"時間(とき)"を共有できるよう残り8試合を全力で闘い抜きますので、最後までご声援よろしくお願いいたします」

その名古屋は28日に行われる次節、5位につけるサンフレッチェ広島のホームに乗り込む。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索