チチャリートが古巣戦に言及 「ゴールを決めればいつものように喜ぶ」

チチャリートが古巣戦に言及 「ゴールを決めればいつものように喜ぶ」

セビージャに所属するメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスが古巣のレアル・マドリー戦に向けてコメントした。スペイン『マルカ』が伝えている。

チチャリートの愛称で親しまれるエルナンデスは、今夏に推定移籍金800万ユーロ(約9億4000万円)+ボーナスでウェストハムからセビージャ入り。ここまで公式戦2試合に出場して1ゴールを挙げるなど、上々の滑り出しをみせている。

そうしたなか、セビージャはリーガエスパニョーラ第5節でレアル・マドリーとホームで激突。2014年夏から1年間にわたってプレーした古巣対決について、チチャリートが次のように語った。

「出場してゴールを決めれば、いつものように喜ぶだろう。それは敬意がないわけではない。レアル・マドリーが僕にとって、特別なクラブではないということを意味しているわけではないよ」

また、19日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループA第1節のカラバフ戦での移籍後初ゴールについては「僕のキャリアで、FKからのゴールは初。何カ月も練習してきたんあだ。なぜなんだと言ってしまったよ」と振り返っている。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索