自身初のミラノ・ダービーに臨むジャンパオロ監督、「ファンやクラブにとって何を意味するか理解している」

自身初のミラノ・ダービーに臨むジャンパオロ監督、「ファンやクラブにとって何を意味するか理解している」

ミランは21日、セリエA第4節で宿敵インテルとの今季最初のミラノ・ダービーを戦う。自身初のダービーに臨むマルコ・ジャンパオロ監督が“カルチョのスカラ座”での大一番に向けて意気込みを語った。

今季、ジェンナーロ・ガットゥーゾ前監督の後任としてミランの新指揮官に就任したジャンパオロ監督。昨季まで率いていたサンプドリアでは、ジェノアとのジェノヴァ・ダービーを経験しているものの、ミラノ・ダービーの注目度は別格だ。

開幕から2勝1敗の戦績で臨む自身初のダービーに向けて52歳の指揮官は、「ファンやクラブにとって何を意味するか理解している」と、気合十分のようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が前日会見のコメントを伝えている。

「ダービーにはその土地独自の風土がある。それは多くの人たちを巻き込み、駆り立てるものなんだ。その感想に関しては試合後の会見で改めて話したいと思うよ」

「これは非常に重要な試合だ。ダービーはそれ自体で歴史を築いているものだからね。ジェノヴァに住んでいた時に別のダービーを経験しているが、ファンやクラブにとって何を意味するか理解しているつもりだ」

「したがって、今回の一戦は非常に重要なものになる。ただ、個人的にはより多くの重要な試合を戦うことを目指している」

「現時点でインテルがお気に入り(優位)という話に関しては、すべての試合に勝ち負けがあるということだけ強調したい」

「それは重要な挑戦であることに間違いはないが、我々はシーズン開幕から終了まで常に挑戦し続けている」

「インテルがどのようなプランで試合に入ってくるかは正直わからない。ダービーとは常にユニークであり、あらゆる予測を覆すものだ。私個人としては我々のチームがこの一戦を適切に戦う能力があるということを信じている」

また、同会見では先日の試合で衝突が報じられたブラジル代表MFルーカス・パケタとの関係に関する質問が出たが、ジャンパオロ監督は「完全に誇張されたもの」と、同選手との関係に問題がないことを強調している。

「対立や確執といったものは一切ない。あれは完全に誇張されたものだ。個人的にそういった神経質な話には惑わされず、自分たちのグループとプレーヤーたちだけに集中したいと考えている」

「こういったレベルの試合はそれだけで全員を前向きにさせるものだ。したがって、準備期間において特別なことをする必要はない」

「個人的には落ち着いたプレーヤーを好んでいる。我々はダービーでも楽しみ方を知る必要があるからね」


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索