最悪の事態は回避!?…8失点惨敗のワトフォードGKが回想

最悪の事態は回避!?…8失点惨敗のワトフォードGKが回想

ワトフォードに所属する元イングランド代表GKベン・フォスターが8失点惨敗劇にコメントした。イギリス『Sports Mole』が報じた。

21日に敵地で行われたプレミアリーグ第6節でマンチェスター・シティと対戦したワトフォードは、キックオフから1分足らずで先制を許すと、前半20分までに計5失点。後半にもゴールを許し続けてしまい、0-8の衝撃的な敗北を喫した。

だが、その一戦でワトフォードのゴールマウスを守ったフォスターは、シティの圧倒的な戦いぶりを鑑みて、より最悪の事態を想定していたという。シティ戦後、イギリス『beIN SPORTS』でこう振り返っている。

「マン・シティのホームだったから、できるだけ長くゲームをこう着させたかった。でも、今日はそれができなかったね」

「キックオフから50秒で失点してしまい、用意したあらゆるゲームプランが崩れてしまったよ」

「彼らは信じられないぐらい素晴らしかった。たまに息をのむほどすごいなと見惚れてしまったぐらいさ」

「20分で0-5になった段階で、最悪の事態を恐れたよ。今日は10、11、12ゴールぐらい許しそうだとね」


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索