首位攻防戦に挑むロペテギ、古巣マドリー撃破に意気込み

首位攻防戦に挑むロペテギ、古巣マドリー撃破に意気込み

セビージャを率いるフレン・ロペテギ監督が古巣戦に言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。

今年3月にスポーツ・ディレクター(SD)に復職したモンチ氏の下、今夏に積極補強を行い、13名の新戦力を引き入れたセビージャ。その効果もあり、リーガエスパニョーラ開幕から4試合を消化した時点で3勝1分け無敗の首位に立っている。

そのセビージャは22日の第5節で同じく無敗を継続するレアル・マドリーをホームに迎え撃つ。2018年7月から約4カ月にわたり、指揮したマドリーとの一戦に先駆け、会見に登場したロペテギ監督は次のように意気込んだ。

「セビージャの指揮を執るときに余計な動機付けは必要ない。願わくば、長年にわたって率いていきたいね。3ポイントがかかっている。それは十分なモチベーションになる。たとえ、レアル・マドリーが相手であってもだ」

「これまで指揮したクラブにはとても良い思い出がある。ポジティブなままだ。私は責任と野心を持ち続けるトライをする。明日も例外じゃない。だが、その中心は選手。監督じゃない」


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索