アーセナル、PSVに売却後大ブレイクの新星FWマレンの獲得に関心か?

アーセナル、PSVに売却後大ブレイクの新星FWマレンの獲得に関心か?

アーセナルは2017年にPSVへ売却後、大ブレイクを果たしているオランダ代表FWドニエル・マレン(20)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。

ユベントスDFマタイス・デ・リフトやローマFWユスティン・クライファートらオランイェの同僚と共にアヤックスのアカデミーで育ったマレンは、2015年にアーセナルへ移籍。同クラブではユースチームで印象的な活躍を披露し、2016年には自身初のプロ契約にサインしたもののトップチームデビューを果たすことはできず。2017年に完全移籍で母国のPSVに新天地を求めることになった。

PSV加入1年目はリザーブチームを主戦場としていたマレンだが、加入2年目となった昨シーズンにブレイク。元々、主戦場としていた左ウイングのポジションに加えて、センターフォワードで出場機会を掴むと、エールディビジ31試合で10ゴール5アシストを記録した。

さらに、主砲FWルーク・デ・ヨングのセビージャ移籍に伴い、今シーズンからセンターフォワードに本格コンバートを果たすと、先日のフィテッセ戦で1試合5ゴールの衝撃的な活躍を披露するなど、ここまでの公式戦13試合10ゴール4アシストと早くもキャリアハイ更新に迫っている。

179cmと上背はないものの爆発的なスピードとドリブルテクニックに加え、ポジショニングやシュートテクニックも併せ持つ万能型FWは、アーセナルのレジェンドである元フランス代表FWのティエリ・アンリ氏やアーセナル在籍時にはチリ代表FWアレクシス・サンチェスと比較された大器だ。

『ミラー』によると、そのマレンに関して古巣のアーセナルが獲得候補としてリストアップしているという。

ただ、すでに5000万ポンド(約67億円)の値付けがされており、辣腕のミーノ・ライオラ氏を代理人としている同選手に関しては現時点で45ものクラブが動向を注視しており、アーセナルにとって相当タフなオペレーションとなるはずだ。

なお、PSV売却時に買い戻しオプションや優先交渉権などを契約に盛り込んであるかは不明だ。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索