闘病中の指揮官にお見舞い…冨安健洋、ブレシア戦後のチームの行動に「真のファミリーだと感じた」

闘病中の指揮官にお見舞い…冨安健洋、ブレシア戦後のチームの行動に「真のファミリーだと感じた」

ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋が、闘病中の指揮官のお見舞いに訪れたブレシア戦後の行動について明かした。イタリアの地元紙『イル・レスト・デル・カリーノ』が伝えている。

今夏に冨安が加入したボローニャでは、指揮官のシニシャ・ミハイロビッチ監督がシーズン開幕前に急性白血病を患った。セリエA開幕戦のエラス・ヴェローナ戦、第2節のSPAL戦でこそ指揮を執ったが、現在は、治療のために入院中。しばらくチームを指揮することができず、トレーニングのライブ映像を見て指示を出したり、コーチングスタッフと連絡を取るのみ。選手たちとは会えない状況が続いていた。

そんななか、今月15日に行われたセリエA第3節のブレシア戦(4-3で勝利)後、ボローニャの選手たちが試合からの帰り道で指揮官が入院しているサン・トルソラ病院のガン病棟の前にチームバスを停車。直接は会えなかったが、選手たちは路上からミハイロビッチ監督の名前を呼び、監督は窓から手を振って応えた。

この選手たちの行動について冨安は、帰り道のバスで決定したことだと告白。さらにその姿に指揮官への愛を感じ、感銘を受けたことを明かした。

「ブレシアからバスで帰ってくる時に決めました。そのアイデアが誰から出たのかは分からないですが、美しくて、僕らは真のファミリーだと感じました」

「僕らはミハイロビッチ監督を愛し、彼も僕らを愛してくれています。そして、みんながロッカールームで助け合っているし、僕にも常に誰かが手を貸してくれるんです。みんなが良くしてくれますし、みんなでこの状況を乗り越えようとしています」


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索