ユナイテッド、争奪戦必至のハフェルツに関心…移籍金120億円が必要か

ユナイテッド、争奪戦必至のハフェルツに関心…移籍金120億円が必要か

マンチェスター・ユナイテッドがレバークーゼンに所属するドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(20)に関心を寄せているようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。

アーセナルMFメスト・エジルの後継者としての呼び声が高いハフェルツは、昨シーズンのブンデスリーガ34試合で17ゴール4アシストをマークしてブレイク。20歳にしてレバークーゼン通算112試合30ゴール22アシストの数字を残している。

そのハフェルツに対して、有望株中心の補強策によるチーム強化を掲げているユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が目を光らせているという。ただ、今夏も関心を示していたとみられるバイエルンやレアル・マドリー、バルセロナのほか、マンチェスター・シティやリバプールといったプレミアのライバル勢も視線を注いでいるという。

その影響もあり、2022年までレバークーゼンと契約を残すドイツ代表MFを獲得するには、移籍金9000万ポンド(約120億7000万円)以上が必要になるとみられている。激しい争奪戦が予想されるハフェルツの獲得に漕ぎつけるクラブはどこなのだろうか。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索