クロップ、チェルシー破り開幕6連勝! 「2つのゴールともにワンダフル」

クロップ、チェルシー破り開幕6連勝! 「2つのゴールともにワンダフル」

リバプールの指揮を執るユルゲン・クロップ監督が22日に敵地で行われたプレミアリーグ第6節のチェルシー戦を振り返り、勝利に満足感を示した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

開幕から唯一の5連勝で首位に立つリバプールは14分にFKのチャンスからイングランド代表DFトレント=アレクサンダー・アーノルドが直接決めて先制すると、30分にブラジル代表FWロベルト・フィルミノが追加点。後半に1失点を許すなどチェルシーの反撃を受けたが、逃げ切り、6連勝を飾った。

プレミアリーグ制覇に向けてまい進するクロップ監督は試合後、こう話している。

「本当に良いパフォーマンスで、2つのゴールともにワンダフルだった」

「エキサイティングなゲームで、強度も高かった。適切な姿勢がなければ、チェルシーに絶対勝てない。今日の我々は勝ち点3に値すると思うよ」

また、昨シーズンから続くクラブ記録の15連勝という結果についても触れた。

「15連勝は並外れたものだが、考えないようにしている。次の試合に向けてすべきことをして、戦うだけ。ハードワークするのみだよ」

そして、アレクサンダー・アーノルドの直接FK弾についてもコメントした。

「我々はセットプレーの練習をしている。トレーニングした全てをピッチで確認したいが、それをやるかどうかの決断は選手次第だ。彼らは最高の視点を持っている」


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索