首位リバプール戦で健闘したランパード…「我々はより良いチームだった」

首位リバプール戦で健闘したランパード…「我々はより良いチームだった」

チェルシーを率いるフランク・ランパード監督が22日に行われたプレミアリーグ第6節のリバプール戦におけるチームの戦いを評価した。イギリス『BBC』が報じた。

開幕5連勝スタートの首位リバプールをホームに迎え撃ったチェルシー。2点を追う71分にこの試合がケガからの復帰戦だったフランス代表MFエンゴロ・カンテのゴールで1点差に詰め寄ったが、反撃続かず、1-2の黒星を喫した。

敗れこそしたものの、イタリア代表DFエメルソン・パルミエリとデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンの負傷交代も重なったなかで互角の戦いを演じてみせたランパード監督は試合後、こう振り返った。

「パフォーマンス面でいけば、我々はより良いチームだった。よりエネルギッシュで、キャラクター、スピリットでもね。だから、試合後の観客から拍手が起きた。前に突き進もう」

また、27分にスペイン代表DFセサル・アスピリクエタのゴールを認めなかったビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)についても「それとはうまく付き合っていかなければならない」と述べ、理解を示した。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索