今年2度目の処分でスロバキア代表が無観客試合? 10月のウェールズ戦が対象に

今年2度目の処分でスロバキア代表が無観客試合? 10月のウェールズ戦が対象に

スロバキアサッカー協会(SFZ)は、10月に行われるウェールズ代表とのユーロ2020予選を無観客で行う可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

スロバキア代表は、ユーロ2020予選でグループEに入り、クロアチア代表やウェールズ代表、ハンガリー代表、アゼルバイジャン代表と同居している。

しかし、9月に行われたハンガリー代表との予選(2-0で勝利)において、サポーターが不正行為を働いたとして、UEFA(欧州サッカー連盟)が処分を下すと23日に発表した。

『スカイ・スポーツ』によると、この声明は10月10日(ウェールズ代表戦)の予選を「無観客」で行うというものであり、加えてSFZに対して2万ユーロ(約237万5000円)の罰金処分も与えるというものだったようだ。

一方で、SFZはこの処分に関して異議申し立てが可能となっており、ウェールズ代表戦が観客を入れて行う可能性も残されている状況。ウェールズサッカー協会は、まだ無観客の連絡は受けていないとのことだ。

スロバキアのサポーターが処分となったのは、このユーロ2020予選で2度目。4月にも4万3000ユーロ(約510万5000円)の罰金処分を科されていた。

なお、ハンガリー代表も処分を受けており、10月にホームで行われるアゼルバイジャン代表とのユーロ2020予選は無観客で行われることになるようだ。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索