コロンビア代表FWサパタが右太ももを痛め離脱…今季9戦7発と好調《国際親善試合》

コロンビア代表FWサパタが右太ももを痛め離脱…今季9戦7発と好調《国際親善試合》

コロンビアサッカー連盟(FCF)は13日、コロンビア代表FWドゥバン・サパタの負傷を発表した。

FCFの発表によると、サパタは右太ももに痛みを感じており、48時間以内に精密検査を受けるとのこと。詳細な診断結果と治療法は現時点では不明とのことだ。

コロンビア代表は12日に、スペインでチリ代表との国際親善試合を行い、0-0のゴールレスドロー。サパタはこの試合で負傷したとのことだ。

なお、16日にはフランスでアルジェリア代表との国際親善試合を控えているが、サパタはコロンビア代表を離脱。所属のアタランタへ戻り、治療とリハビリを行うとのことだ。

サパタは今シーズンのセリエAで7試合に出場し6ゴール3アシストと絶好調。チャンピオンズリーグでも2試合に出場し1ゴールを記録していた。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る