アラリオの2戦連発弾など6発のアルゼンチンがエクアドルに圧勝《国際親善試合》

アラリオの2戦連発弾など6発のアルゼンチンがエクアドルに圧勝《国際親善試合》

アルゼンチン代表は13日、国際親善試合でエクアドル代表とスペインで対戦し、6-1で圧勝した。

4日前にドイツ代表と国際親善試合を戦い、2-2の引き分けに持ち込んだアルゼンチンは、ドイツ戦のスタメンから6選手を変更。

ディバラやアンヘル・コレア、オタメンディらに代えてドイツ戦で1ゴール1アシストの活躍を見せたアラリオの他、オカンポスらを起用した。

フラットな[4-4-2]で臨んだアルゼンチンは、2トップにL・マルティネスとアラリオ、中盤右にニコラス・ゴンサレス、左にオカンポス、中盤センターにパレデスとデ・パウルを起用した。

6分にソルノサの直接FKでゴールを脅かされたアルゼンチンだったが、敵陣で試合を進めると、20分に先制する。左CKからアラリオがヘディングシュートで押し込んだ。

アラリオの2戦連発弾で先手を取ったアルゼンチンは27分に加点する。左サイドからアクーニャの上げたクロスがDFにディフレクトし、ゴールに吸い込まれた。さらに30分、L・マルティネスがPKを獲得すると、これをパレデスが決めて3-0とした。

迎えた後半、4選手を変更してきたエクアドルに開始4分、FKから失点したアルゼンチンだったが、66分に4点目。FKからペッゼッラのヘディングシュートが決まった。

さらに終盤の82分にドミンゲスのミドルシュートが決まったアルゼンチンが5-1とすると、86分にオカンポスも続いて6-1。南米対決を圧勝している。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る