ワイナルドゥムの2発で逃げ切ったオランダが首位キープ!《ユーロ2020予選》

ワイナルドゥムの2発で逃げ切ったオランダが首位キープ!《ユーロ2020予選》

オランダ代表は13日、ユーロ2020予選グループC第8節でベラルーシ代表とのアウェイ戦に臨み、2-1で逃げ切った。

3日前に行われた北アイルランド代表との上位対決を終盤の3ゴールで逆転勝利し、首位に浮上したオランダは、北アイルランド戦のスタメンから4選手を変更。バベルや負傷したデパイらに代えてファン・デ・ベークやプロメスらを起用した。

5位ベラルーシ(勝ち点4)に対し、[4-3-3]で臨んだオランダは3トップに右からベルフワイン、マレン、プロメス、中盤アンカーにF・デ・ヨング、インサイドにワイナルドゥムとファン・デ・ベーク、4バックに右からフェルトマン、デ・リフト、ファン・ダイク、ブリント、GKにシレッセンを起用した。

そのオランダが立ち上がりからボールを握ると20分にチャンス。ボックス右のスペースを突いたファン・デ・ベークが際どいループシュートを放った。

しかし、カウンターとセットプレーから揺さぶられると、27分にピンチ。CKの流れからラプテフに決定的なシュートを許した。

それでも32分、オランダが先制した。ボックス右からプロメスが丁寧に上げたクロスをゴール前のワイナルドゥムがヘッドで押し込んだ。

さらに36分、追加点のチャンス。マレンのポストプレーからボックス右に侵入したフェルトマンがシュート。だが、GKフタルのセーブに阻まれた。

それでも41分にファインゴールで加点する。ボックス手前左でパスを受けたワイナルドゥムが右足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール右上に突き刺さった。

オランダが2-0として迎えた後半、54分に失点する。シンプルなフィードをファン・ダイクの後方でドラウンにヘディングで合わせられ、ネットが揺れた。

失点を受けてL・デ・ヨングを投入したオランダが敵陣で試合を進める中、終盤の79分に決定機。ワイナルドゥムがボックス内でタメを作ってラストパス。ボックス右のマレンがシュートを放ったが、GKフタルのファインセーブに阻まれた。

それでも1点のリードを保ったオランダが逃げ切り。首位をキープし、来月行われる残り2戦に臨むこととなった。

■グループC順位表
[勝ち点/試合数/得失点]
1.オランダ[15/6/13]
2.ドイツ[12/5/11]
3.北アイルランド[12/6/1]
4.ベラルーシ[4/7/-8]
5.エストニア[1/6/-16]


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る