サンチェス、年内全休か…代表戦でケガ

サンチェス、年内全休か…代表戦でケガ

チリ代表FWアレクシス・サンチェスが負傷した。『フットボール・イタリア』が報じた。

サンチェスは12日にスペインで行われたコロンビア代表との親善試合に先発。だが、試合終盤にコロンビア代表MFフアン・クアドラードの右足先が左足首を直撃して、88分にピッチを後にした。

チリサッカー協会(ANFP)は「左足首の脱臼とじん帯損傷の可能性」を明らかにした模様。サンチェスはミラノに戻り、精密検査を受けるため、15日に行われる国際親善試合のギニア代表戦を欠場するという。

気になる離脱期間だが、今年中の復帰は厳しい様相。スペイン『ムンド・デポルティボ』の見立てによると、少なくとも2カ月間の離脱を強いられるものとみられる。

サンチェスは今夏、マンチェスター・ユナイテッドからインテルにレンタル。9月28日に敵地で行われたセリエA第6節のサンプドリア戦で移籍後初ゴールを挙げ、さらなる活躍が期待される状況だった。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る