デモ活動の影響でクラシコの延期が決定…12月開催で調整中

デモ活動の影響でクラシコの延期が決定…12月開催で調整中

10月26日に予定されていた、今シーズン最初のクラシコだが、延期される可能性が濃厚のようだ。

バルセロナとレアル・マドリーによる伝統の一戦“クラシコ”。毎シーズン熱戦が繰り広げられ、ラ・リーガの覇権争いにも影響を与える大事な一戦だが、2019-20シーズン最初のクラシコは日程変更を余儀なくされそうだ。

スペイン『マルカ』によると、本来はカンプ・ノウで開催される予定であった今回のクラシコに対し、ラ・リーガがサンチャゴ・ベルナベウでの開催に変更したいと要請。しかし、バルセロナとマドリーはどちらもスタジアムの変更に同意しないことを表明し、日程変更を受け入れたとのことだ。

代替日程は12月18日(水)になる可能性があったものの、その変更にはスペインプロサッカー機構(LFP)のハビエル・テバス会長が否定的な意見を主張。「その日はありえない。コパ(・デル・レイ)がある」とコメントしている。

放映権を持つテレビ局などは12月7日(土)への変更を望んでいるが、その週はラ・リーガ第16節が予定されており、バルセロナはホームでマジョルカ、マドリーはホームでエスパニョールとの試合が組まれている。しかし、これは日程を変更することで対応が可能との見方があり、国際的な影響も加味して推奨されている日程だ。

カタルーニャ州独立運動に関する裁判の影響で、バルセロナではデモ活動がヒートアップ。クラシコ開催時にもデモの招集が行われる予定となっており、セキュリティ面を考慮しての判断となった。

何れにしても、26日のクラシコ開催は消滅することは決定しており、代替日程の決定が待たれることになる。

「スペインサッカー ラ・リーガ」
乾貴士のエイバルがバルセロナ、久保建英のマジョルカがレアル・マドリードに挑む!WOWOWにて生中継!
■詳細・放送スケジュールはこちら>


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る