メキシコの皇帝、メッシと口論の秘話告白「7vs7のゲームで…」

メキシコの皇帝、メッシと口論の秘話告白「7vs7のゲームで…」

現役時代にバルセロナで活躍した元メキシコ代表DFラファエル・マルケス氏が、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの秘話を明かした。スペイン『マルカ』が伝えている。

17歳でトップチームデビューして以降、バルサ一筋を貫いてきたメッシ。ここまで公式戦692試合604得点244アシストを記録し、チャンピオンズリーグ(CL)を4度制した他、10度のラ・リーガ優勝、6度のコパ・デル・レイ優勝を果たすなど、数々のタイトルをクラブにもたらしてきた。史上最多タイとなる5度のバロンドール受賞歴を誇るなど、フットボール界最高の選手としても呼び声が高い。

そんなメッシだが、過去にはメキシコの皇帝であるマルケスとトレーニング中に口論になったこともあるようだ。マルケスが告白している。

「7vs7のゲームで、レオ(リオネル・メッシ)は私のチームにいたんだ」

「彼はドリブルで1人、2人、3人とかわすと、折り返して、またドリブルをし始めたんだ。一瞬もボールを放さなかったんだ。私が『レオ、手放せ』と言うまでね」

「そしたら彼はとても怒り、私たちに怒鳴り始めた。ペップ(ジョゼップ・グアルディオラ監督)が落ち着かせようと止めに入るまで、口論したよ」

「(メッシがトップに来る前)すでに僕らはレオについて話は聞いていたんだ。彼はバルセロナBで輝きを放っている。新たなマラドーナだとね」

「こんなに近くで彼の成長を見守ることができたのは、壮観だった」

「スペインサッカー ラ・リーガ」
乾貴士のエイバルがバルセロナ、久保建英のマジョルカがレアル・マドリードに挑む!WOWOWにて生中継!
■詳細・放送スケジュールはこちら>


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る