10月26日開催予定のクラシコ延期が正式決定! 12月18日開催濃厚に

10月26日開催予定のクラシコ延期が正式決定! 12月18日開催濃厚に

スペインサッカー連盟(RFEF)は18日、10月26日に予定されていたラ・リーガ第10節のバルセロナvsレアル・マドリーの開催延期を発表した。

なお、代替日程に関しては、現地時間10月21日午前10時までに両クラブ間の合意を持って決められる予定だ。

バルセロナとレアル・マドリーによる伝統の一戦“エル・クラシコ”。毎シーズン熱戦が繰り広げられ、ラ・リーガの覇権争いにも影響を与える大事な一戦だが、2019-20シーズン最初のクラシコは日程変更を余儀なくされた。

当初、10月26日にバルセロナの本拠地カンプ・ノウで開催予定だったが、今月14日にスペイン最高裁がカタルーニャ独立を問う住民投票に関わった政治家9名に実刑判決を言い渡したことで、同地では抗議デモが激化。現時点で96名の負傷者が出るなど、混乱状態が続いていた。

これを受けてラ・リーガは両クラブに対して、今回の一戦をカンプ・ノウからレアル・マドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウに変更するよう要請。だが、いずれもこの提案を固辞したことで、今回の日程変更という結論に至った。

なお、スペイン『マルカ』は代替日程に関して、両クラブが12月18日(水)の開催で合意に近づいていると主張している。

また、第2のオプションとしてラ・リーガ第16節が予定される12月7日(土)も挙げている。

「スペインサッカー ラ・リーガ」
乾貴士のエイバルがバルセロナ、久保建英のマジョルカがレアル・マドリードに挑む!WOWOWにて生中継!
■詳細・放送スケジュールはこちら>


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る