柿谷のゴラッソでC大阪が札幌を下す!暫定4位に《J1》

柿谷のゴラッソでC大阪が札幌を下す!暫定4位に《J1》

明治安田生命J1リーグ第29節、北海道コンサドーレ札幌vsセレッソ大阪が札幌ドームで行われ、1-0でC大阪が勝利した。

現在勝ち点40で7位につける札幌。10月はガンバ大阪との3連戦が行われ、4日に行われた第28節では0-5の大敗を喫したものの、その後のルヴァンカップ準決勝ではアウェイゴール差で決勝進出を決めた。相手よりスケジュール的な不利はあるが、5日前の試合からスタメン変更は2人のみとなった。

その札幌と勝ち点差6で6位につけるC大阪は、前節の鹿島アントラーズ戦の黒星で連勝が「5」でストップ。上位進出に向け負けられない今節は、その試合で負傷した丸橋に代わり舩木が起用されている。

まずは柿谷の仕掛けからCKを獲得したC大阪は4分、マテイ・ヨニッチのシュートが相手DFの広げた腕に完全に当たっていたが、PKを取ってもらえず札幌は命拾い。

だが、その2分後のC大阪の攻撃で右サイドを起点に中央に運ぶと、最後は奥埜の横パスを受けた柿谷がペナルティアークの外からシュートを突き刺しアウェイチームが先制した。

一方、なかなか攻め手がない札幌は16分に深井がボックスの外からミドルシュート。上手く枠を捉えたがGKの正面だった。そこから攻勢を強める札幌だったが、24分に宮澤が相手との接触で負傷。代わりにルーカス・フェルナンデスがピッチに立った。

前節同様に前半で交代を余儀なくされた札幌は27分に福森のFKがGKキム・ジンヒョンを強襲。さらに交代直後のL・フェルナンデスもシュートを放つなど、少しずつゴールに迫る。

しかし33分、最終ラインでのパスミスから一気にピンチに。思いがけないチャンスを迎えたC大阪は奥埜からパスを受けた水沼がフリーで流し込みにかかったが、相手に当たって枠を外れた。

ヒヤリとした札幌は後半に入って攻勢を強める。ボールを保持しながら試合を進め、53分にドリブルを仕掛けたL・フェルナンデスが相手に挟まれる形で倒れ込むが、ここは笛を吹いてもらえず。57分にはCKのこぼれ球をもう一度入れ直し、鈴木がヘディングシュートに繋げるも枠に届かず。

ポゼッションは許しながらも虎視眈々と追加点を狙うC大阪は75分にかけてシュートを重ねる。その中で、最終ラインのパスミスを拾ったソウザが前に運び、柿谷とのパス交換からシュートに繋げたが、ゴール上方を捉えた強烈なシュートはGK菅野のファインセーブに遭った。

その後は選手を入れ替えながらテコ入れを図る両チームだが、大勢は変わらない。1点を追う札幌は後半アディショナルタイムにビッグチャンス。右からのクロスを鈴木が頭で合わせるも、相手の背中に当たって枠に飛ばなかった。

ここで試合終了。結局、前半の柿谷のスーパーゴールが決勝点となり、C大阪が勝利を収めた。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る