チェルシー、M・アロンソの初ゴールを守り切り、ホームでクリーンシート《プレミアリーグ》

チェルシー、M・アロンソの初ゴールを守り切り、ホームでクリーンシート《プレミアリーグ》

チェルシーは19日、プレミアリーグ第9節でニューカッスルと対戦し、1-0で勝利した。ニューカッスルの武藤はベンチ入りしなかった。

現在公式戦4連勝と、若手主体のチームが少しずつ軌道に乗り始めたチェルシー。前節はサウサンプトン相手に4得点を奪い快勝。好調のエイブラハムはリーグ戦8点目を決めた。今節のスタメンは、サウサンプトン戦から1人変更。代表でケガをしたカンテに代わってバークリーが起用された。

前節にマンチェスター・ユナイテッドを破ったニューカッスルが、まずはサン=マクシマンのシュートでゴールに迫る。その後も同選手のアジリティを生かした攻撃を展開する中で、ホームのチェルシーは16分に、クロスに頭で合わせたウィリアンがチーム初シュートを放つ。

チェルシーは19分、幅を広く使った攻撃でニューカッスルのゴールへ侵攻。オドイからの横パスをボックス中央でフリーで受けたマウントがシュートを放つも、GKの正面に飛ばしてしまった。25分には、左サイドからパスを受けたウィリアンがボックス右からシュート。これも幅を使った攻撃だったが枠に飛ばせず。

その後もチェルシーが押し気味に試合を進める中、バークリーが足を痛めて負傷交代。代わりにコバチッチが起用された。

後半は前半にも増してボールを支配するチェルシー。56分のCKの場面では、エイブラハムが打点の高いヘディングシュートを放つが、惜しくもクロスバー直撃。さらに次々とゴールに迫るがなかなかネットを揺らせない。

見かねたランパード監督はマウントを下げてプリシッチを投入。するとすぐにビッグチャンスが訪れる。68分、ウィリアンが自陣からボールを運んでオドイへ供給。カットインからオドイが放ったシュートがゴール前のプリシッチにこぼれるも、体勢を崩しながら放ったシュートはGKドゥブラフカに止められた。

それでも、相手のシュートをゼロに抑え釘付けにするチェルシーに待望の先制点が生まれる。73分、右サイドから攻撃を仕掛けたチェルシーは、ボックス中央のオドイを経由して左のマルコス・アロンソへ。マルコス・アロンソがダイレクトで左足を振りぬくと、GKの手をはじいてネットを揺らした。

さらに敵陣でボールを奪ってカウンターに転じたチェルシーは、ゴール前を完全に崩して、プリシッチのラストパスをエイブラハムが流し込みにかかったが、懸命に戻った相手のスライディングブロックに防がれた。

その後は上手く時間を使いながら試合を進めたチェルシーが逃げ切りに成功。リーグ戦2度目の無失点でホーム2勝目を挙げた。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る