インテル、ガビゴル売却が迫る! フラメンゴと合意の一報

インテル、ガビゴル売却が迫る! フラメンゴと合意の一報

インテルはフラメンゴに貸し出し中のブラジル代表FWガブリエウ・バルボサ(23)を完全に手放すときが迫っている模様だ。

“ガビゴル”の愛称で知られるガブリエウ・バルボサは、2016年夏にサントスからインテルに移籍。だが、鳴かず飛ばずに終わり、ベンフィカ、サントスを経て、フラメンゴを転々とするなど、レンタル生活が続いている。

そのガブリエウ・バルボサは、2018年1月に復帰したサントスでブラジル全国選手権得点王(18得点)を獲得。今年1月から加わったフラメンゴでも公式戦29試合24得点の活躍を続け、今月に3年ぶりのブラジル代表復帰を果たした。

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、インテルはガブリエウ・バルボサに関して、フラメンゴと交渉を進め、移籍金1800万ユーロ(約21億7000万円)と、将来的な売却金の20〜25%譲渡という条件で最終合意したという。

インテルは今シーズンからアントニオ・コンテ監督が指揮を執り、ここまでセリエA7勝1敗の2位。ガブリエウ・バルボサの売却金を来年1月の中盤強化費に充てるプランを検討しているとのことだ。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る