バイエルン、ジューレが左ヒザ前十字じん帯断裂…長期離脱避けられずか

バイエルン、ジューレが左ヒザ前十字じん帯断裂…長期離脱避けられずか

バイエルンに所属するドイツ代表DFニクラス・ジューレの診断結果が判明した。

ジューレは19日に敵地で行われたブンデスリーガ第8節のアウグスブルク戦に先発したが、ドイツ人FWフロリアン・ニーダーレヒナーとの接触で左ヒザを痛めてしまい、12分にピッチを後に。バイエルンの指揮を執るニコ・コバチ監督が試合後、「決してポジティブじゃない。十字じん帯を損傷したことが私の耳に入っている」と話している状況だった。

クラブが20日に発表したところによると、診断の結果は左ヒザ前十字じん帯断裂。同日に手術を受けたという。離脱期間については明らかにされていないが、ドイツ『ビルト』の見立てによれば、全治半年間の可能性が高い模様だ。

ジューレは身長195cmの長身センターバックで、2017年夏にホッフェンハイムから加入。ブンデスリーガ開幕から全8試合に先発するなど公式戦12試合に出場している。

バイエルンは今シーズンのここまでブンデスリーガ4勝3分け1敗の3位。不動のセンターバックとして地位を確立するジューレの離脱はチームにとってダメージとなる。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る