C・ロナウドが2年出停…!? カッサーノ、試合中帰宅の危うさを指摘

C・ロナウドが2年出停…!? カッサーノ、試合中帰宅の危うさを指摘

元イタリア代表FWのアントニオ・カッサーノ氏がユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに対して、重罰が下る恐れを示唆した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。

C・ロナウドは、10日にホームで行われたセリエA第12節のミラン戦(1-0でユベントスが勝利)、55分に途中交代。この決断に不満を示すためか、ベンチに戻らず、そのまま更衣室に姿を消した。だが、その後の報道でチームが試合中にも関わらず、スタジアムを後にした可能性も指摘されており、これが物議を醸している。

現役時代に“悪童”としても有名だったカッサーノ氏は、イタリアのテレビ番組『Tiki-Taka』で、この一件に言及。ローマ在籍時代のラツィオ戦で同様の振る舞いをした経験をもとに、検査をすっぼかせば処分が下るドーピング規則という別角度からこの行動の危うさを指摘した。

「彼は試合終了前にスタジアムを去ったのか? アンチドーピングコントロールがあるから、そんなのできない。僕の場合はスタジアムに戻った。2年間の出場停止処分を避けるためにね」


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る