ヘンダーソンが告白…スアレスとの当初の関係は険悪「殺そうかと思った」

ヘンダーソンが告白…スアレスとの当初の関係は険悪「殺そうかと思った」

リバプールに所属するイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンは、バルセロナに所属する元同僚のウルグアイ代表FWルイス・スアレスと親密な関係だが、最初から仲が良かったわけではないという。スペイン『Marca』が伝えている。

2011年1月にリバプールに加入したスアレスと、約半年後の同年7月に同クラブへ加入したヘンダーソン。2011-12シーズンにはEFLカップ優勝を共に経験し、スアレスと共闘した最後の年である2013-14シーズンには、惜しくも優勝を逃すも、プレミアリーグで首位のマンチェスター・シティに勝ち点2差で迫る2位の好成績を収めた。

計3シーズン、共にプレーした両者だが、当初の関係は険悪だった模様。ヘンダーソンが当時を回想し、明かした。

「当時、僕は若くて、スアレスが練習中に僕が気に入らないことを1、2回やってきたことに、自分が過小評価されているように感じたよ」

「腕を上げて、まるで僕がここにいるべきじゃないという風に(お前は何をやっているんだという)ジェスチャーをされたよ。それに本当に傷ついたんだ」

「スアレスがその後も何度かジェスチャーをやってきたから怒ったんだ。殺そうかと思ったよ」

「でも最後には違いを認め合うことができた。お互いとても信頼し合うようになったし、今でも連絡を取り合っているよ」


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る