徳島ヴォルティスは15日、DF久米航太郎(19)が日本フットボールリーグ(JFL)のヴィアティン三重に育成型期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は2021年1月31日まで。

徳島の下部組織出身の久米は、2019年にトップチーム昇格。昨シーズンは天皇杯1試合の出場に留まった。

三重へのレンタルが決まった久米は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆ヴィアティン三重
「初めまして! 徳島ヴォルティスから来ました久米航太郎です! ヴィアティン三重の為に全力を尽くします! よろしくお願いします!」

◆徳島ヴォルティス
「昨シーズンは本当にお世話になり、ありがとうございました。厳しい環境に身をおき、より成長して帰ってくることができるよう頑張ってきます!」