アウグスブルクは14日、キャプテンを務めるドイツ人MFダニエル・バイアー(35)との契約を2021年6月30日まで延長したことを発表した。

10番を背負う中盤底のプレーメーカーのバイアーは、2008年夏にヴォルフスブルクからレンタルで加入。これまで公式戦344試合に出場して8ゴール245アシストを記録している。

クラブ最古参でありキャプテンを務めるレジェンドは、今シーズンここまでもリーグ戦12試合出場で1ゴールと中盤の要として存在感を示している。