カマタマーレ讃岐は15日、昨シーズン限りでクラブを退団した元日本代表FW我那覇和樹(39)が福井ユナイテッドFCに完全移籍で加入したことを発表した。

我那覇は宜野湾高校から1999年に川崎フロンターレへと入団。2006年には日本代表にも選出されるなど活躍を見せていた。2009年にヴィッセル神戸へ完全移籍すると、2011年には地元であるFC琉球(当時JLF)へと移籍。2014年にはJ2に参入する讃岐へ加入した。

讃岐ではサイドバックなどを務める時期もあり、プレーの幅を広げていたが、チームは2018シーズンにJ3へと降格。今シーズンは明治安田生命J3リーグで12試合に出場し4得点を記録していたが、昨年11月末に契約満了に伴い6シーズン過ごした同クラブからの退団が発表されていた。

なお、我那覇の加入が決定した福井ユナイテッドは、サウルコス福井を前身とし、昨年は北信越フットボールリーグで優勝を果たしていた。我那覇は同クラブ加入に際して以下のようなコメントを残している。

「カマタマーレ讃岐より加入させていただきます我那覇和樹です。退団後いち早く声をかけて頂き、1番必要としてくれたクラブが福井ユナイテッドFCさんでした。サッカーができる環境を与えてくださり有り難うございます」

「JFLに上がる為ではなく、Jリーグで活躍するチームを目指すとの服部GMのお言葉に共感し感銘を受け夢のあるクラブでチャレンジする決断をしました。素晴らしいクラブでプレーできることに大きな喜びを感じワクワクしています」

「覚悟と責任を持って全力で戦いますので福井ユナイテッドFCに関わる全ての皆さま宜しくお願い致します」