SC相模原は15日、FC岐阜を退団したスペイン人GKビクトル(30)を獲得したことを発表した。

ビクトルはエスパニョールB、リェイダ、サラゴサB、ロスピタレートなどのセグンダB(スペイン3部相当)のクラブを中心に渡り歩き、2017年に岐阜へ完全移籍。昨シーズンは明治安田生命J2リーグに18試合出場した。が、7日に契約満了で退団していた。

新天地が相模原に決まったビクトルは、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「SC相模原のサポーターの皆様こんにちは。今回、このお話を頂いただことをとても嬉しく思っています。クラブ、応援してくれているサポーターのためにも毎日の練習から全力で取り組むことを約束します。皆さんとお会いできることを楽しみにしています! みんなの力で優勝しましょう!」