アトレティコ・マドリーは14日、スペイン代表MFコケとウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスに関する最新のメディカルレポートを発表した。

アトレティコは先週、サウジアラビアで行われたスーペル・コパ・デ・エスパーニャに参戦。準決勝でバルセロナを退け決勝進出を果たしたものの、レアル・マドリーとのマドリード・ダービーとなった決勝をPK戦の末に敗れ、準優勝で大会を終えていた。

さらに、この2試合ではバルセロナ戦でコケが負傷し、マドリー戦ではヒメネスが負傷していた。

そして、両選手はスペイン帰国後に精密検査を受けた結果、コケが右太ももの筋腱損傷、ヒメネスが左足の筋肉浮腫と診断されたことを明かした。

現時点で離脱期間に関しては明かされていないが、スペイン『マルカ』はいずれも数週間単位の離脱となる見込みであると伝えている。