ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が15日、自身のツイッターでセルタのスロバキア代表MFスタニスラブ・ロボツカ(25)の獲得を明かした。移籍金は2000万ユーロ(約24億5000万円)+最大ボーナス400万ユーロ(約4億9000万円)で契約期間は2024年6月までとなっている。

母国のトレンチーンで育ち、一時アヤックスの下部組織にも在籍していたことのあるロボツカは、2017年夏にデンマークのノアシェランからセルタに加入。セルタでは加入初年度からリーグ戦全38試合に出場するなど瞬く間に中心選手となり、今季もここまでラ・リーガで17試合に出場していた。

前半戦を終えたセリエAで11位に沈むナポリは今冬、ライプツィヒから元ドイツ代表MFディエゴ・デンメを獲得しており、ロボツカは2人目の補強選手となった。