U-23日本代表は15日、AFC U-23選手権タイ2020のグループB最終節でU-23カタール代表と対戦し、1-1で引き分けた。

3日前に行われたU-23シリア代表戦を1-2と敗戦して2連敗となり、まさかのグループステージ敗退が決まった日本は、シリア戦のスタメンから6選手を変更した。

ここまで2分けの3位カタールに対し、[3-4-2-1]を継続した日本は、GKに大迫、3バックに右から橋岡、立田、町田、中盤に右から相馬、田中駿汰、田中碧、杉岡、2シャドーに食野と旗手、最前線に小川と並べた。

その日本が立ち上がりからボールを持つ展開となるも、5バックで構えるカタール相手にシュートに繋げることはできない。22分にようやく相馬の右クロスからファーサイドの杉岡がボレーで1stシュートを放った日本は、35分に決定機。

右サイドで仕掛けた相馬がクロスを上げ、ファーサイドの食野が頭で落としたボールに旗手がダイレクトで押し込みにかかったが、ミートしきれなかった。

さらに44分にもビッグチャンス。相馬の浮き球パスでボックス右に抜け出した田中駿がシュート。だが、わずかに枠の左に外れる。このままゴールレスで前半を終えるかに思われたが追加タイム4分にVARの末、球際で相手の足にスパイクが入った田中碧に一発レッドカードが提示されてしまう。

10人となって迎えた後半、旗手に代えて齊藤を投入した日本は、[4-4-1]で応戦。守勢の状況が続いたが、69分に後半最初のシュートで先制する。

ボックス手前中央でパスを受けた小川が右足を振り抜くと、コースは甘かったが、GKの脇をすり抜けてゴールネットを揺らした。

しかし76分、ボックス内で齊藤がシュートブロックに入ったプレーがPKとなり、これを決められて同点とされてしまった。

厳しい判定で追いつかれた日本は終盤にかけて勝ち越しゴールを目指しものの、1-1のままタイムアップ。未勝利で大会を後にすることとなってしまった。

なお、グループBはサウジアラビアとシリアが決勝トーナメント進出を果たしている。

◆グループB順位表(1/16更新)
[勝点/試合数/得失差]
1.サウジアラビア[7/3/2]
2.シリア[4/3/0]
3.カタール[3/3/0]
4.日本[1/2/-2]