マンチェスター・ユナイテッドは15日、FAカップ3回戦再試合でウォルバーハンプトンをホームに迎え、1-0で勝利した。

今月4日に敵地で行われたウルブス戦を0-0で引き分けたユナイテッドは、4日後にプレミアリーグのリバプール戦を控える中、ラッシュフォードをベンチスタートとしたものの、ほぼベストなメンバーで臨んだ。

[4-2-3-1]でスタートしたユナイテッドは最前線にマルシャル、2列目に右からマタ、グリーンウッド、ダニエル・ジェームズと並べた。

そのユナイテッドは10分にピンチ。フレッジのサイドチェンジミスからネトにゴールネットを揺らされるも、VARの末、ラウール・ヒメネスのハンドがあったとしてノーゴールに。

助かったユナイテッドは28分、ボックス内からマタの放ったシュートが枠を捉えるも、GKの好守に阻まれた。

続く30分にはCKの流れからヘディングシュートが左ポストに直撃してひやりとしたユナイテッドは、34分にマルシャルがGK強襲のシュートで応戦。ハーフタイムにかけては一進一退の攻防が続いた中、ゴールレスで前半を終えた。

迎えた後半開始5分にマタのミドルシュートでオンターゲットを記録したユナイテッドは、52分に決定機。ボックス左に侵入したジェームズが際どいシュートを浴びせた。

その後、やや膠着状態に陥ったことを受けてユナイテッドは64分に2枚代えを敢行。ジェームズとグリーンウッドに代えてラッシュフォードとアンドレアス・ペレイラを投入した。

すると67分、ユナイテッドが均衡を破る。マルシャルのスルーパスに抜け出したマタがGKとの一対一をチップキックシュートで制した。

その後、途中投入のラッシュフォードが負傷交代するアクシデントがあったものの、ウルブスの反撃を許さなかったユナイテッドが1-0でシャットアウト。

4回戦でユナイテッドはトランメアvsワトフォードの勝者と対戦する。