Aリーグのメルボルン・シティは15日、元スペイン代表MFマルケル・スサエタ(32)を獲得したことを発表した。契約期間は2019-20シーズン終了時まで。

ビルバオのレジェンドプレーヤーとして名を馳せたマルケル・スサエタは2018-19シーズン限りで契約満了となり、昨夏からガンバ大阪でプレー。だが、適性の攻撃的なサイドポジションがない3バックを用いるチーム状況により、出番が限られた。明治安田生命J1リーグ5試合、Jリーグカップ2試合の出場に留まり、昨シーズン終了後に退団していた。

新天地が決まったスサエタは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「残りのシーズンをメルボルン・シティでプレー出来ることに、とてもワクワクしている。オーストラリアでのスタートが待ち遠しいよ」

「クラブが誇りにしているエキサイティングな攻撃的サッカーをチームがプレーし、シーズン開始から定めていた目標を達成できることを願っている」

なお、現在、スサエタはビザの承認待ち。18日に行われるニューカッスル・ジェッツ戦でのデビューを目指している状況だ。クラブはAリーグ第13節を終え、首位のシドニーFCと勝ち点11差で2位につけている。