横浜F・マリノスは16日、韓国代表MFユン・イルロク(27)との契約を両者合意のもとで解除したことを発表した。

ユン・イルロクは2018年にFCソウルから横浜FMに加入。同シーズンの明治安田生命J1リーグでは16試合、YBCルヴァンカップに8試合、天皇杯に3試合出場したものの、2019シーズンの開幕前に済州ユナイテッドFCへ期限付き移籍していた。同シーズンはKリーグで30試合10ゴール3アシストを記録し、降格したチームのなかで奮闘した。

横浜FMとの契約を解除したユン・イルロクは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「まずクラブに対して、初めて海外でプレイする機会を与えてくれたことに感謝の意を述べたいと思います」

「ファン・サポーターの皆様の熱い声援や、クラブスタッフの献身的なサポートを私は一生忘れることはないと思います。 マリノスの選手として自分の力を十分に発揮できなかったことは残念でしたが、この素晴らしいクラブの一員になれた事は私の誇りであり、いつも良い思い出として私の記憶に残ることになると思います」

「私はこれからも、もっと良い選手になるように努力し、誇りを持って前進し続けます。マリノスの成功を願っていますし、今シーズンもリーグタイトルを獲得し連覇を達成できることを願っています」

「私はずっとマリノスを応援します。本当にありがとうございました!」