欧州サッカー連盟(UEFA)は15日、ファン投票による2019年の年間ベストイレブンを発表したが、今回の選出方法にUEFA側の忖度が疑われているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

UEFAは今回、『UEFA.com』のユーザー投票による2019年の年間ベストイレブンを発表した。

2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)優勝チームのリバプールからGKアリソン・ベッカー、DFヴィルヒル・ファン・ダイク、DFトレント・アレクサンダー=アーノルド、DFアンドリュー・ロバートソン、FWサディオ・マネの最多5選手が選出されたほか、アヤックスの躍進を支えたDFマタイス・デ・リフト(現ユベントス)、MFフレンキー・デ・ヨング(現バルセロナ)の2選手が選出。

さらに、先日にバロンドールを受賞したバルセロナのFWリオネル・メッシ、マンチェスター・シティのMFケビン・デ・ブライネ、今季CLグループステージ得点王に輝いたバイエルンのFWロベルト・レヴァンドフスキらが順当に選出。その一方で物議を醸したのが、ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドの選出だった。

『デイリー・メール』が伝えるところによれば、UEFAはここ数年の年間ベストイレブンを発表する際に2017年の[4-4-2]の布陣を除き、[4-3-3]の布陣に当てはめてメンバーを選出することが多かったという。

しかし、今シーズンはフォワード部門の4選手が選出される極めて異例な[4-2-4]の布陣を採用した。

そして、この特殊な布陣を選択した背景にはフォワード部門で4位の得票数だったC・ロナウドを何とかベストイレブンにねじ込みたいという、UEFA側の忖度があった可能性があるようだ。

同メディアの取材によると、ミッドフィルダー部門で得票数が3位だったのはチェルシーのMFエンゴロ・カンテだったが、UEFA上層部の忖度によって惜しくも選外となったという。

今回の異例の事態を受けて、『デイリー・メール』の取材に応じた関係者は、「これは本当によくないことだ。事実上、不正投票と言ってもいい。UEFA上層部にはロナウドの人気が高く、彼が選外となることを避けるためフォーメーションに変更が加えられた」と、手心が加えられたことを暴露した。

一方、UEFAのスポークスマンは同メディアからの取材に対して、「今年の編成はUEFA主催大会での成績と並行してファンの投票を反映したものだ。その結果、UEFAチャンピオンズリーグの優勝者とUEFAネーションズリーグのファイナリストが多く入った。フォーメーションは定期的に変更を加えているし、今年も例外ではない」と、UEFAネーションズリーグ優勝を考慮してのC・ロナウド選出であることを主張している。

なお、UEFAネーションズリーグ優勝のポルトガル代表の選手に関してはマンチェスター・シティのMFベルナルド・シウバが全体の得票数で12位に入っていたが、C・ロナウドと天秤にかける形でこちらも選外となったようだ。

◆UEFA 2019年ベストイレブン[4-2-4]
GK
アリソン・ベッカー(リバプール/ブラジル)

DF
トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール/イングランド)
マタイス・デ・リフト(ユベントス/オランダ)
ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/オランダ)
アンドリュー・ロバートソン(リバプール/スコットランド)

MF
フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/オランダ)
ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー)

FW
リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン)
クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス/ポルトガル)
ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ポーランド)
サディオ・マネ(リバプール/セネガル)