松本山雅FCは16日、FC東京からブラジル人FWジャエル(31)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。なお、契約期間は2020年2月1日から2021年1月1日までとなり、FC東京と対戦するすべての公式戦には出場できない。

母国・ブラジルのクリシューマECでジプロキャリアをスタートさせたジャエル。その後、ブラジルのクラブを中心に渡り歩き、2019年にグレミオからFC東京へ加入した。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで15試合1得点、J3リーグで6試合3得点を記録。また、YBCルヴァンカップには5試合、天皇杯には2試合に出場した。

新シーズンは松本でプレーすることとなったジャエルは、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆FC東京
「このたび、松本山雅FCへ期限付き移籍することになりました。私自身、あまりいい結果を残せていない中でチームを離れることにとても申し訳ない気持ちです。どのような状況でも応援してくださったファン・サポーターのみなさんにとても感謝しています。今年は、東京にとっても、僕にとっても新しい挑戦です。共に頑張りましょう!」

◆松本山雅FC
「松本山雅FCのチームの一員になれてすごく嬉しいです。チームの目標である、J1昇格に向けて自分の全力を尽くして目標達成に貢献できるようにがんばります。サポーターのみなさん応援よろしくお願いします。共に頑張りましょう」