ギラヴァンツ北九州は16日、昨シーズン限りで退団したMF井上翔太(30)の移籍先が関西1部リーグに所属するFC TIAMO枚方に決まったことを発表した。

セレッソ大阪でプロキャリアをスタートさせた井上は、2013年夏に期限付き移籍で北九州へ。シーズン半ばの加入ながら、J2リーグに16試合に出場し、3得点を記録した。2014年に完全移籍して以降は、主力として活躍し、2017年からは背番号「10」を背負いプレー。しかし、昨シーズンは明治安田生命J3リーグで4試合の出場にとどまり、昨年の12月11日に契約満了が発表されていた。

井上は新シ−ズンからプレーする枚方の公式サイトで、以下のようにコメントしている。

「ギラヴァンツ北九州から移籍してきました、井上翔太です! FC TIAMO枚方のJFL昇格のために頑張りたいと思います!」