FC岐阜は17日、大分トリニータより期限付きで加入しているMF川西翔太(31)のレンタル期間延長を発表した。新たな移籍期間は2020年2月1日から2021年1月31日までとなる。

大阪体育大学出身の川西は、2011年にガンバ大阪でプロデビュー。2014年からモンテディオ山形に加わり、2017年に大分入りしたが、昨シーズンから大分に期限付き移籍した。
その昨シーズンは明治安田生命J2リーグ22試合8得点の数字を収め、天皇杯にも1試合出場。レンタル期間延長を受け、両クラブ公式サイトを通じてコメントしている。

◆FC岐阜 「今年もFC岐阜でプレーさせていただくことになりました。去年は思うような成績を残すことができませんでしたが、今年はJ2昇格目指して頑張ります」

◆大分トリニータ 「今年もFC岐阜に残ることになりました。大分でプレーできないことはすごく悔しいですが、FC岐阜で頑張ります。応援をよろしくお願いします」