FC琉球は11日、DF岡﨑亮平が9日に行われた浦和レッズとのトレーニングマッチで眼窩底を骨折し、翌日に手術を行っていたことを発表した。完治見込期間は5週間としている。

神奈川県出身の岡﨑は2015年に中央大学から湘南ベルマーレへ入団し、プロキャリアをスタートさせた。その年は、期限付き移籍でロアッソ熊本へ加入し、2016年から湘南に復帰。その後、2019年に琉球へ渡り、昨シーズンは明治安田生命J2リーグ39試合に出場していた。