ユベントスは11日、ポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(29)と2024年まで契約を延長したことを発表した。

ユベントスとの新たな契約にサインしたシュチェスニーは、クラブの公式インタビューで以下のようにコメントしている。

「僕はこれまでファンが与えてくれたすべての事に感謝している。そして、僕はこのクラブのために常にベストを尽くすことを約束するよ」

2017年夏にアーセナルからユベントスに加入したシュチェスニーは、移籍初年度こそ元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの前に正GKの座を掴みきれずにいたが、昨季はブッフォンがパリ・サンジェルマンに移籍したこともあって正GKに定着。

そして、ブッフォンが復帰した今季も正守護神として、セリエA16試合を含む公式戦22試合に出場し8試合のクリーンシートを達成している。