イタリア、ヴィアレッジョの街にユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの巨大像が出現した。

巨大像が現れたのは、イタリアのトスカーナ州ヴィアレッジョで開催されるカーニバル。ヨーロッパ屈指の人気を誇るカーニバルは、毎年1月末〜2月の毎週日曜日に開催されている。

様々なキャラクターのフロート(台車の上にデコレーションがなされたもの)が滑走する中で、満を持してサッカー界が誇るスーパースターも登場。4階建ての建物と同じ高さのC・ロナウド像が、全身を銀色で施され甲冑のようなものを纏って行進した。

この像は、行進しながらその巨体を左右に揺らすため、より気色悪さを演出していた…。

イタリアでもその人気を証明することとなったC・ロナウドだが、その像の再現度はいかがなものか。ロナウドの故郷、マデイラ島に設置された銅像もその再現度の低さが取り沙汰されており、そういった意味でも話題となった。