福島ユナイテッドFCは13日、DF東隼也(22)が関東サッカーリーグ1部の東京ユナイテッドFCに加入すると発表した。

ヴィッセル神戸の下部組織出身の東は、2016年にトップチームへ昇格。2018年に育成型期限付き移籍で福島へ加入すると、翌年の2019年に完全移籍を果たし、同シーズンは明治安田生命J3リーグに4試合出場したが、シーズン終了後に契約満了で同クラブを退団していた。

移籍先が決定した東は、東京ユナイテッドFCのクラブ公式サイトを通して、以下のようにコメントしている。

「今シーズンから東京ユナイテッドFCに加入することになりました。東隼也です」

「自分の持ち味であるビルドアップとロングフィードを活かして攻撃の起点になり、守備では相手の攻撃の起点を全て潰すぐらいのハードワークで勝利に貢献できるよう頑張ります」

「JFL昇格という目標を達成し、東京ユナイテッドFCに関わる全ての人が笑顔で今シーズンを締めくくれるよう全力で闘いますので応援のほどよろしくお願い致します」