首脳陣にとって、悩みの種が発生した。イギリス『サン』が伝えている。

現在ウィンターブレイクで束の間の休息を楽しんでいるプレミアリーグの選手たち。そんな中、ブライトン&ホーヴ・アルビオンの選手たちが少し羽目を外しすぎてしまったようだ。

問題行動が発覚したのは、DFシェーン・ダフィ、MFパスカル・グロス、FWレアンドロ・トロサール、FWアリレザ・ジャハンバクシュの4選手。スペインのナイトクラブで女性たちとどんちゃん騒ぎを行っていたようで、現場を写した動画や写真には、シーシャパイプ(水たばこ)や笑気ガスと見られるバルーンなどが映り込んでいた。

ブライトンの関係者はすでにこの騒ぎを認識しており、クラブの広報担当者は「クラブはソーシャルメディアで流通しているビデオを認識しています。この問題は内部で対処されています」とコメント。選手たちにはなんらかの処分が下される可能性があるようだ。

ブライトンは今シーズンのプレミアリーグで26試合を終えて勝ち点27の暫定15位に位置。直近のリーグ戦6試合未勝利となっており、2020年に入ってからは未勝利が続いている。

ウィンターブレイクをきっかけに巻き返しを図りたいところだったが、ひょんなことから出鼻をくじかれることとなってしまった。

なお、今回騒ぎを起こした4選手はいずれもクラブの主力もしくは準主力として活躍しており、処分するとなれば自らの首を絞めることにもなりかねないため、ブライトンの首脳陣は難しい判断を強いられそうだ。