リバプールのユルゲン・クロップ監督の契約には意外な条項が含まれているようだ。

現在プレミアリーグで首位を独走中のリバプール。2015年シーズン途中から指揮官に就任したクロップ監督は、昨シーズンついに14年ぶりとなるCL優勝タイトルをクラブにもたらした。

その功績が評価され、2019年12月に新たに2024年まで契約を延長しており、クラブの好調さと相まってリバプール退団の可能性は限りなく0に近い。