リバプールのスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンが、主将であるイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンを称賛している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

昨シーズン、14年ぶりに欧州王者に輝くもプレミアリーグでは勝ち点1差で優勝を逃したリバプール。今シーズンはその悔しさを晴らすかのように24勝1分けと圧倒的な成績で、すでに2位のマンチェスター・シティに勝ち点22差をつけている。その強さはシティのジョゼップ・グアルディオラ監督もすでに3連覇へ白旗を上げるほどで、30年ぶりのリーグ優勝へ着々と歩みを進めている。

そのリバプールの左サイドを支えるロバートソンだが、この躍進はヘンダーソンの支えがあるからだと主張する。

「僕にとっては彼が年間最優秀選手の有力候補だ」

「今シーズン、ヘンド(ジョーダン・ヘンダーソン)の奮闘が僕らを前進させてくれている。彼は僕らを引き締めたり、重要なゴールやアシストで欠かせない存在になっている」

「シーズン序盤にパフォーマンスが注目されていたかもしれないが、シーズンが進んでも、彼が悪い試合なんてない。毎日、彼とトレーニングすれば、感謝の気持ちがわかるよ。この国では彼のキャラクターが十分に評価されていないけどね」

「素晴らしい選手であり、ロールモデル、キャプテンだよ。彼を評価するのは当然のこと。僕らが今シーズン、苦しめられても、彼が勝ち点3に向けて奮い立たせてくれた」