チェルシーのイングランド代表MFメイソン・マウントが離れ業をやってのけた。

今季からチェルシーを率いるフランク・ランパード監督の下で台頭し、ここまでのリーグ戦25試合の出場で5ゴール5アシストの成績を残すマウント。昨年9月にはイングランド代表デビューを果たし、6試合に出場している。

目下成長中の21歳だが、チェルシーが13日に投稿したツイートで驚愕のプレー動画が公開された。

1人のトレーナーが投げたボールにマウントがもう1つのボールを蹴り当てると、2つのボールはそれぞれゴール左右の上隅の小さな穴に吸い込まれた。

何気ない動画だが凄過ぎではないだろうか。穴はボールより一回り大きい程度。普通に狙うのも難しそう。だがそれをビリヤードのように2つのボールを同時に入れるとは驚愕の技術だ。

この動画にはファンから多くのリプライが寄せられ、およそ3万4000件の「いいね」が押されている。

しかし一方で、フェイク動画なのではないかという声も。映像にある右上の雲の動きが不自然だと指摘されている。真相は明らかではないが、こんな離れ業でもやってのけてしまいそうなマウントのさらなる活躍を期待したい。