FC東京は14日、MF東慶悟の負傷を報告した。

クラブによると、東は8日のトレーニング中に負傷。検査の結果、左眼外傷性前房硝子体出血を診断されたようだ。全治に関しては状況が分かり次第報告するとのこと。

今回のケガはスポーツ中にボールなどの異物が当たったり、転倒による衝撃などで起きる症状。眼科手術の合併症を引き起こす可能性もあるという。

昨季に続いて今季もキャプテンに任命されていた東。「昨季の経験を活かし、今季もキャプテンとしてチームの勝利のために頑張っていきたいと思います」と意気込みを語っていた。