チェルシーの指揮を執るフランク・ランパード監督が獲得内定のアヤックスに所属するモロッコ代表MFハキム・ジイェフ(26)にコメントした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

昨シーズンのアヤックスでオランダ国内2冠達成や、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4躍進に大きく貢献したジイェフ。今シーズンも引き続きの活躍をみせ、複数クラブの関心報道も過熱するなかで、13日に来シーズンからのチェルシー入り内定が決まった。

そのチェルシーを率いるランパード監督は、そのモロッコ人アタッカーに歓迎姿勢を示しつつ、こう言及した。

「昨年のチャンピオンズリーグで最初に目が止まった。特に、トッテナム戦は、傑出した選手の1人だと思った」

「今シーズンの我々は彼らと2回対戦したから、彼についてよく知っている。彼のクオリティについてもだ」

「素晴らしい左足の持ち主で、基本的に右サイドでプレーしているが、トップ下もこなせる」

「今シーズンの我々は、ドアをこじ開けるのに苦しむ試合がある。彼は確かに創造性と違いをもたらせる選手だ」

「アシストもゴールもできる。今はまだ来ないが、クラブやファンにとって、来シーズンから彼がやって来るのはワクワクすることだと思う」

なお、チェルシーとアヤックスは事前の報道によれば、ジイェフの移籍交渉に関して4400万ユーロ(約52億2000万円)の移籍金額で合意。そのジイェフは今シーズンもここまで公式戦30試合8得点21アシストを記録している。