FC町田ゼルビアは15日、MFジョン・チュングンの負傷を報告した。

ジョン・チュングンは今月8日に行われたトレーニングマッチのヴァンフォーレ甲府戦で負傷。左足関節脱臼骨折と診断され、12日に静岡県内の病院で手術を受けた。復帰まで全治約6カ月を要する見込みだ。

ジョン・チュングンはFCナントⅡ、横浜FC、ファジアーノ岡山を経て、昨年から町田でプレー。明治安田生命J2リーグ27試合1得点、天皇杯1試合出場を記録した。